店舗・ATM JFマリンネット
バンク
ログイン

JF沖縄信漁連とは

JFマリンバンクとは、貯金や貸出など信用事業を行う全国の漁協・水産加工協・信漁連・農林中央金庫で構成するグループの総称です。
JF沖縄信漁連は沖縄県全島の会員および組合員などの地域利用者の皆さまを中心に貯金、融資などの金融業務を行っています。

組織概要

名称 JF沖縄信漁連
正式名称 沖縄県信用漁業協同組合連合会
代表者 代表理事会長 渡真利 一夫
所在地

〒900-0016
沖縄県那覇市前島3-25-39 地図を開く
TEL:098-860-2611(業務部)
FAX:098-860-2612

設立 1971年10月
出資金 497,400,000円
自己資本比率 9.89%
会員数 正会員:38会員
准会員:1会員
役職員数 理事:6名 監事:3名
店舗 本店:1 代理店:22 自動機店:3

会長挨拶

代表理事会長 渡真利 一夫

平素より皆様方には、JF沖縄信漁連をお引き立て頂き誠にありがとうございます。

当会は、昭和46年に漁業の育成と系統金融の強化を図るため、「農林漁業中央金庫」より事業を承継し、協同組合組織で運営する漁業金融機関として設立されました。

設立以来、「県内水産業の向上および事業の振興、漁業者の経済的・社会的地位の向上」に質することを基本理念に会員漁協と一体となって業務運営を行って参りました。

本県の水産業は、沖縄漁業基金事業や沖縄漁業安定基金事業が効果的に活用されているものの、漁業者の高齢化や後継者不足による漁業就労者の減少に加え資源の減少・米軍演習による沿操業制限・日台漁業取決めに伴う漁場の狭隘化などにより漁業経営は依然として厳しい状況が続いております。

漁業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む漁業者をはじめとする地域のお客様に対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を、「当JF沖縄信漁連の最も重要な役割のひとつ」として位置付け、当JF沖縄信漁連の担う公共性と社会的責任を強く認識し、その適切な業務の遂行に向け、取り組んでまいります。

今後とも、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

経営方針

JF沖縄信漁連としての役割を、将来にわたって発揮し続けていくためにも、不断の経営点検や運営体制検討を行い将来を展望し、経営の課題を認識して、今後のアクションプラン・運体制について作成して参ります。

財務情報・ディスクロージャー

お問い合わせやお申込みはこちら

JF沖縄信漁連
TEL:098-860-2610(代表)
TEL:098-860-2611(業務部)

受付時間:午前9時~午後5時/休業日:土曜日・日曜日・祝日

お近くの店舗を探す

よくあるご質問

関連情報

  • はじめてのお客さま

    JFマリンバンクについて、より理解を深めていただけるコンテンツや、お取り扱いしているサービスをご紹介しています。

  • 店舗・ATM

    各店舗とATMのご案内です。住所、電話番号、営業日、ご利用時間などを掲載しています。

  • よくあるご質問

    皆さまから多くいただくお問い合わせは、よくあるご質問にまとめました。